サポートコース調査のプロが設計から分析まで

特長

調査の専門スタッフが課題の整理、調査の設計、調査画面の作成、実査、集計、分析、報告までをトータルにサポートするコースです。
定量調査以外にも、写真調査、広告効果測定調査なども対応しております。LINEリサーチのパートナー調査会社としてJMRA(日本マーケティング・リサーチ協会)に所属する代表的な調査会社や一定基準をクリアした調査分野の専門家がご対応いたします。ぜひご相談ください。

サポートコースのご利用方法

  • 1. 見積り · 調査内容
    についてお問合せ

    定量調査、写真調査などのご希望の調査内容を調査会社へ相談します。見積りフォームから依頼希望の調査会社を選択し、お問合せができます。

  • 2. 調査会社を決定し
    担当者に内容を相談

    まずは課題を相談、課題にあわせてリサーチャーが適切な調査票、画面作成を行います。配信対象や回収規模なども相談して進めることができます。

  • 3. 集計から分析まで
    調査会社にお任せ

    調査終了後、集計から分析、データのまとめまで対応いたします。基本的な分析はもちろん多変量解析などの手法で課題をサポートします。

料金事例料金詳細はこちら

事例1.ファミリー向け歯磨き粉の新商品開発調査
条件25~54歳|同居家族あり|事前調査で家族形態確認|本調査で生活実態を確認
事前調査8問-10000サンプル|本調査30問-1000サンプル
調査費用 (設計 · 調査票作成~分析・レポートまで) ¥470,000
システム利用費 (事前調査+本調査) ¥441,250
管理費 ¥70,500
合計 ¥981,750
事例2.10代~20代におけるファッションブランドの競合調査
条件15~29歳|男女|事前調査で市場確認|本調査で特定2ブランドを比較
事前調査12問-30000サンプル|本調査30問-2000サンプル
調査費用 (調査票持ち込みのため一部リライト~分析 · レポートまで) ¥350,000
システム利用費 (事前調査+本調査) ¥982,500
管理費 ¥52,500
合計 ¥1,385,000
※上記価格は税抜きです。

よくある質問よくある質問一覧を見る

  • Qサポートコースとライトコース、どちらに申し込んだら良いかわかりません

    サポートコースは、複雑な調査や高難度の調査を実施したい方、調査知識に不安があり、どのように進めてよいかわからない方に適したコースです。一方、ライトコースは簡単…続きを読む

  • Qサポートコースではどのような調査手法に対応していますか?

    スマートフォンを利用した定量調査、写真調査および広告効果測定調査に対応しています。定性調査、リクルーティングは原則お受けしておりません。設問数や配信条件などサポートコースの詳細機能は…続きを読む

  • ※当サイトからお問合せの場合、調査費用から最大3万円の割引クーポンを発行します。
  • ※調査メニューの一部はLINE社で対応する場合もございます。